*

インスタント食品 激辛

『蒙古タンメン』シリーズのぶっこみ飯、『蒙古タンメン中本 辛旨飯』の激辛食レポをやってみた

Pocket

お正月に豪華な料理ばかり食ってたら激辛の禁断症状が出てしまった。

なので、早速激辛を食ってやったぜ~!!

 

スポンサーリンク




今回の激辛食レポはぶっこみ飯系のインスタント食品です

 

さて、今回の激辛食レポは相変わらずのインスタント食品です。

しかしながら、いつものようにカップ麺やレトルトカレーではありません!! なんと今回はぶっこみ飯系の激辛食品を成敗してきました~♪

あれですよ、ラーメンのスープにご飯をブチ込んでリゾット風にして食べるあれですよあれ。最近ではもう最初からラーメンではなく米を入れてあるものが売られているんですね~。

そんなぶっこみ飯系のインスタント食品ですが、なんと激辛のものも販売されているのですよ!!

しかもその元となっているのが、私の大好きなアレなのでございますよ。

 

大好きな『蒙古タンメン』シリーズから、『蒙古タンメン中本 辛旨飯』を食す

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』全景

 

なんと『蒙古タンメン中本』のぶっこみ飯でございます!! その名も『蒙古タンメン中本 辛旨飯』

蒙古タンメンのカップラーメンといえば、この激辛食レポの企画でも既に2種類を取り上げているほど、非常にクセになる辛さと美味さを兼ね備えている、激辛好きにはたまらない商品でございます。

そんな蒙古タンメンからぶっこみ飯も発売されているとくりゃ、そりゃあ食わずにいられないでしょう大将!!

という事で、早速試しちゃったわけでございますよ~。

なお、過去にレポートをした蒙古タンメンシリーズ2種類の記事につきましては以下のリンクから読む事が出来ます。まだ読んだ事がない方は是非とも読んでみて下さい♪

リンク先: 激辛食レポ企画第一弾!! 激辛カップ麺『蒙古タンメン中本』を食してみた

リンク先: 蒙古タンメンにチーズが!? 激辛カップ麺『蒙古タンメン中本 チーズの一撃』を食べてみた(2018年1月4日現在もうほぼほぼ品切れか?)

 

出来上がるまでカップの外観や中身を見ていきましょう

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』を作り上げる前に、色々と物色してみましょう。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』其ノ弐表記

 

まず私が最も気になったのが、密かに『其ノ弐』と書かれているのです。

よくよく調べてみたのですが実はこれ、以前に限定商品として発売されたみたいなんですよね~。先代が超人気があったために、見事にカムバックしてきたマーベラスな商品なのであります。しかも「限定」の文字が見当たらないところを見ると、ひょっとしてレギュラー商品なのでしょうか!?

先代は『カップヌードル ごはん』と同じく四角い容器に入っており、作り方もレンジでチンタイプみたいでした。

今回の二代目はカップヌードルやチキンラーメンのぶっこみ飯と同様、お湯を注いで指定された時間まで待つだけで作れるようになりました。

アウストロピテクスから一気にクロマニヨンになったくらいの進化ですね!!

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』注意書き

 

蒙古タンメンシリーズおなじみの注意書き表記もバッチリされています。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』調理方法

 

カップが丸っこくて読みにくいかもしれませんが、調理方法が丁寧に記載されています。うん、作り方もシンプル。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』意気込み等

 

調理方法の横には『蒙古タンメン』の意気込みが書かれています。

『辛旨ラーメン日本一を目指す!』

カッコいい…カッコいいよ白根さんっ!!

そういえばカップを一周して見てみたけれど、カップ周りには白根さん見かけなかったな~…。ひょっとしたら蓋の上にいるのかも。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』上蓋全景

 

まさか『辛旨オイル』の下敷きになっているんじゃ…。だとしたら…

『辛旨オイル』邪魔だ!! どけ~~~いっ!!!!

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』上蓋表記

 

蓋の上にも…いない…。

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』の文字が堂々と写されています。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』白根さん監修表記

 

蓋の右上には「店主 白根誠 監修」の文字が…!!

白根さん直々に監修とはさすがです!! 男気あふれまくってて涙が出ます!!

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』辛旨オイル

 

こちらが『辛旨オイル』です。

ノーマル蒙古タンメンでは『辛味オイル』となっていましたが、名前だけではなく味わいも違うのでしょうか??

そんな事よりも白根さん!! どこにいらっしゃるのですか!?

はは~ん、さてはノーマル蒙古タンメンの時みたいに蓋の下にひっそりと隠れていらっしゃるのですね?もうっ、照れ屋さんなんだからっ!!

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』白根さん不在

 

白根さんがいないだと…!?

えっ?えっ?マジかよ…!? マジでどこにもいないじゃん…。

せっかく白根さんのイケメンを拝めると思ったのに…。もう今日は落胆だわこれ…。この世の終わりだ…。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』内部状況

 

白根さんがいないショックが大きすぎるけど、何とかハッタリで気を取り直して解説を続けます…。

中はパラパラしたライスと、蒙古タンメンおなじみの具材が入っています。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』熱湯投入後

 

お湯が沸き上がったので、カップの中に熱湯をブチ込みます。待ち時間は5分です。

白根さんがいないショックで放心状態になりながらも、何とか5分後には身体を動かし蓋を開けます。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』熱湯投入5分後

 

『辛旨オイル』投入前の様子がコチラ。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』辛旨オイル投入

 

これに『辛旨オイル』を豪快に入れ、よくかき混ぜます。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』完成です~♪

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』完成

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』完成で~す!!

う~ん、蒙古タンメンの香りが辺りを包みます。ハラショー!!

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』米拡大

 

お米をすくい上げるとこんな感じです。食べたくなってくるでしょう?

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』豆腐拡大

 

こちらが蒙古タンメンの代名詞、豆腐でございます。

他にも蒙古タンメンおなじみのキャベツやきくらげも健在です。

見た目や香りは蒙古タンメンそのもの!! 早く食べたくなります。

果たして味や辛さの方はどうかな?もう我慢が出来なくなったので一口。

うん、美味いっ!!

お米は自分でカップ麺のスープにご飯を入れた時やおかゆみたいにべちゃべちゃしたものではなく、固さをしっかり保った、歯ごたえの良い状態でした。ナイスな固さです。

それを蒙古タンメンのスープで食べられるのだから、何とも贅沢な一品だ。

肝心の辛さの方はと言いますと、ノーマル蒙古タンメンと比較するとマイルドなテイストになっています。

そう、辛さが1ランク落ちているのです!!

蒙古タンメン独特の後引く辛さもちゃんとあるのですが、その後発的な辛さもまたマイルドです。

やはりノーマル蒙古タンメンの『辛味オイル』と今回の『辛旨オイル』とでは違いがあるのでしょうか?

ただ、味自体はまさしく蒙古タンメンそのもので、この『蒙古タンメン中本 辛旨飯』もまた、やめられない止まらないテイストがあり、虜にさせられます。

 

『蒙古タンメン中本 辛旨飯』完食

 

あっという間にご覧の有様。

美味しく完食が出来て満足です。ごちそうさまでした!!

 

蒙古タンメンシリーズの入門にぴったりでございます

 

辛さレベル ★☆☆☆☆ 辛いものが好きじゃない人でも頑張ればいけるくらい

 

先に述べた通り、この『蒙古タンメン中本 辛旨飯』の辛さはノーマル蒙古タンメンの辛さを1ランク落としたくらいのものです。なので、当コーナーでの辛さ評価もノーマル蒙古タンメンのレベルから1つ下げたものと致します。

辛さがだいぶ抑えられていますので、辛さに対して強くもなく弱くもなくの人でも美味しく頂けるのではないかなと思います。辛いのが苦手な人だったらヒイヒイ言うかもしれません。

辛さは抑えられたけれど、味の方は全く抑えられていません。ノーマル蒙古タンメンそのものです。

なので、蒙古タンメン食べてみたいけれど、辛そうで自信がないという方はこの『蒙古タンメン中本 辛旨飯』から入ってみるのがいいでしょう。

私もこれは家に常備しておきたいなと思うくらいなので、本当にオススメですよ!!

蒙古タンメンシリーズは本当に好きなので、新しい商品が出るのが待ち遠しいです。次はどんなのが出るかな~?次回作ではちゃんと登場して下さいよ~白・根・さんっ♪

そんな訳で今回はここまで!!

また次回お会いしましょう☆ミ

See you!!

Pocket

スポンサーリンク

-インスタント食品, 激辛
-, , ,

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss