*

インスタント食品 激辛

『ペヤング 激辛やきそば』を実際に食べてみたので激辛食レポを行なった

2019/09/23

Pocket

どうも!! 自称激辛研究科の U-39 です。

今日も元気に激辛商品の食レポをやっちゃうZO☆

 

スポンサーリンク




遂に手持ちの激辛商品の中から真打を登場させました

 

今回は、先日北海道唯一の100万都市へ行った時に、○ン・キホーテで大量に激辛商品を買った中から私的に大本命の一品を実際に食しレポートしてみました。

本当は買い溜めした商品のラストを飾ろうと最後まで取っておく予定だったのですが、この激辛食レポ企画が始まって以来、個人的な辛さレベル評価が★1、★2ばかりといった状況が続いています。

「おい U-39!! オメエ激辛好きとか言っておいて本当は辛くなさそうな商品を選んで食って激辛好きを演じてるだけなんじゃねえの?」

と思われそうなので、急遽ストック品の真打を登場させたという訳でございます。

まあ、あくまでも私個人の見栄エゴによって真打は目覚めさせられたのでございます。

 

今回の獲物は『ぺヤング 激辛やきそば』です

 

『ぺヤング 激辛焼そば』全景

 

はい、まるか食品にて製造・販売されている『ペヤング』シリーズの激辛バージョンです!! しかも超大盛を購入しちゃいました~♪この『ペヤング』シリーズ、マルちゃん『やきそば弁当』シリーズが主流の北海道では滅多に売られていません。

激辛食レポの企画当初から目を付けていた商品なのですが、私が住んでいる北海道の中でも秘境みたいな僻地では入手をする事が出来ませんでした。

こうなったら何でも揃っているドン・キ○ーテしかないと思って調べてみた結果、余裕で売られていたのでございます。さすがドン・○ホーテ!!

この『ペヤング 激辛やきそば』、北海道ではそうそう売られていないくせになぜか私の周りでは非常に辛いという評判が出回っていました。

中には、「オレ辛いもの大丈夫な方だけど、○○の穴が痛くなったぞ。」などという意見もありました。

○○の穴(以下お菊さんとします)が痛くなる程とは…大層な事をいってくれるじゃないかオッサン!!

これで私が普通に食べる事が出来たら「あんた、それほど辛いの強くないんじゃないの~??」と鼻をほじりながら言えちゃう訳ですね。

そんな下馬評も高い激辛商品に今回は挑みます。

 

『ぺヤング 激辛やきそば』が出来上がるまで色々見ていきましょう

 

さてさて、焼そばを作りながら箱や中身を隅々まで見てみましょう。

 

辛さレベルMAX

 

「辛さレベルMAX!!」と書かれています。

そもそも『ペヤング』シリーズに辛さレベル表記ってあるのでしょうか?

まあここは揚げ足を取らず、素直に超辛いんだな~と受け取っておきましょう。

 

注意書き

 

激辛商品御用達の注意書きが下の方に書かれていました。

爆弾が描かれているという事は、爆発するほど辛いという事ですな。

 

調理法法説明

 

調理方法も書かれています。

820mlのお湯を消費するみたいです!! ものすごく燃費が悪い焼そばだな~。

 

裏面

 

底面にはアレルギー表記やQRコード、バーコードなどが記載されています。

この位置、普通に見逃しそうですね~。

 

外装紙はずし後

 

外装フィルムをはがすとこんな感じです。

外装フィルムに書かれていた調理方法よりも大きく詳しく調理法が書かれています。

 

中身確認

 

蓋を開け、中身を取り出します。

 

麺2人前

 

麺を覗いてみると、なんと2食分の麺が詰まっているではあ~りませんか!!

大盛のカップ麺やカップ焼そばを数多く見てきましたが、ここまで無骨な大盛カップ焼そばは初めて見ました。

2玉分の麺が入っていると食べ応えがあるように見えますね。

 

かやく

 

こちらがかやくです。

2人前分だからか、通常のかやくよりも大きく見えます。

 

激辛ソース

 

こちらがカップ焼そばの味の決め手であるソースです。

「激辛ソース」と書かれています。

ほう、じゃあコイツが辛さの素なのだな。いい度胸してるじゃねえか。

この激辛ソース、麺に絡みやすい液体ソースのようです。液体ソースいいね!!

 

かやく投入

 

麺の上にかやくをふりかけます。

袋の割にはかやくの量が少なく見えます。

 

お湯を注ぐ

 

そうこうしているうちにお湯が沸き上がったので、お湯を投入。

820ml消費するため、満タンのポットがほとんどなくなってしまいました。

3分後にはこの大量のお湯が捨てられると思うと、何だか悲しい気分になりますね。

 

3分待つ

 

激辛ソースを蓋の上で温めながら3分待ちます。

 

3分後

 

3分後、せっかく入れた820mlものお湯を台所に捨てました。お湯を捨てた後の姿がコチラになります。

やっぱり麺の量と比較してかやくの量が少ないよな…。

 

激辛ソース投入

 

そこに秘伝の激辛ソースをぶっかけ!!

激辛ソースをかけている最中、ものすごく辛い香りが辺りを包み込みました。

これ、ひょっとしたら相当ヤバいんじゃないの!?

 

完成!! そしていよいよ食す

 

『ぺヤング 激辛やきそば』完成

 

はい、激辛ソースをかけて混ぜ混ぜして出来上がりです♪

辛い香りがスゲー漂ってきます!! そして改めて完成形を見てもかやく少ねぇ~!!

 

麺拡大

 

さすが液体ソース!! 麺にソースがよく絡みます。この段階ではまだムラがありますが、混ぜに混ぜるとムラもなくなってきました。

 

キャベツ拡大

 

こちらがかやくのキャベツです。貧相ですな…。

 

肉拡大

 

これは肉??豆よりもちっちゃいです…。

そんなこんなでかやく探索も終わり、いよいよこやつを食す訳でございます。

それではファーストインパクトを頂きます。

うん、普通に美味しい!!

と思いきや、

うを~~~~!! 来ましたね~これ!!

時間差で辛味が口の中に広がってきました。

しかし、想像していたよりもマイルドな感じで、正直「これがみんな超辛いと言っていたペヤングの激辛なのか?」と思ってしまいました。

ところがどっこい!! 食べ進めれば食べ進めるほど、辛さの度合いが増して行ったのであります。

「やるねぇ~…」と言わんばかりに思わずニヒルな笑みをこぼしてしまいました。

終盤の方になればもはや「辛い」というか「痛い」と言った方が正しいくらいにサディスティックな辛味となっていきます。

それでもオレは負けない!! むしろ結構楽勝かも♪

普通のラーメンをすする勢いで一気食いをする33歳(当時)のオヤジ。

辛い!! けど濃厚ソースが旨い!! そしてかやくが少ない!!(←しつこい)

そんなこんなで下馬評に反しあっさりと完食。ごちそうさまでした!!

 

完食

 

食べ終わった後にも口内に痛みが継続されていました。

アニキ アニキ いてえよ~

しかし、激辛好きの私からしたら大した痛みでもな~い!!

激辛の余韻に浸りながら読書をして腹休めをしたのでした。

ちなみにお菊さんは痛くなりませんでしたとさ。めでたしめでたし。

 

激辛好き以外は悶絶間違いなしの一品です

 

辛さレベル ★★★☆☆ にわかはお断りだぜ!! 激辛好きでなければ泣けてくる辛さ

 

はい、遂に激辛食レポ史上初の★3が付きました!!(2018年1月13日現在)

純粋な辛さという側面から言えば、私の激辛欲を十分に満たしてくれた一品だと思います。とにかく辛い…を通り越して痛い!!

確かにこれは激辛に耐性がない人にはかなり厳しい強敵だと思います。ちょっとやそっと辛いのが強くても相手が悪いですね。

しかし激辛好きにはたまらなく美味しいと思わせてくれます。これぞ激辛の登竜門!!

登竜門??

そう、確かに激辛好きをうならせる程の辛さを持っていますが、これよりも全然辛くても行けちゃいますね。これくらいの辛さが激辛入門と言えるでしょう。という訳で★3という評価にさせて頂きました。

味の方もしっかりとソース焼そばなので、激辛好きであれば辛さの奥にある濃厚ソースの味わいを噛み締める事が出来るでしょう。

『ペヤング 激辛やきそば』をまだ試した事のない激辛好きさんは是非ともチャレンジをしてみて下さい。

私みたいに激辛と大盛の両方を楽しみたい欲張りさんは超大盛をどうぞと進めたいところですが、現在このサイズの激辛焼そばは出回っていません。なので、通常の激辛焼そばを2倍の数を買って代替として下さいな。

そんな訳で今回はここまで!!

また次回お会いしましょう☆ミ

See you!!

 

追記: ペヤングには激辛やきそばよりも更に辛いヤツがいた!?

 

実は、ペヤングの激辛はこれが最上級ではないのです!!

この『ペヤング 激辛やきそば』を越える辛さを誇る『ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば』なるものが存在するそうです。

私もTwitterのフォロワーさんからこやつの存在を聞き、そこで初めて知りました。これもドン・キホ○テで購入をしたかったのですが、残念ながら売っていませんでした…。

しかし、今はネット社会。『ペヤング 激辛やきそば』の食レポも終わった事だし、Amazonでこの『ペヤング もっともっと激辛やきそば』を購入して挑戦してみたいと思います!!

こやつの食レポは近いうちに行なわれるかと思いますので、乞うご期待!!

Pocket

スポンサーリンク

-インスタント食品, 激辛
-, ,

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss